増沢諒【政治は面白い!】

選挙ドットコム編集長/食べ物付き雑誌「食べる政治」代表。政治のわくわく感を伝えられたら嬉しいです。

これが実態。地方統一戦のリアル

先日、朝日新聞さんに「食べる政治」をご紹介いただきました。

地方統一選ということで、全国で面白い選挙・政治キャンペーンをやっている団体のひとつとして、紹介いただきました。

f:id:mojamoja_megane:20150409100604j:plain

 

ここ数年、全国で、大学を中心に、「選挙・政治キャンペーン」系の活動をしている団体は増えたのですが、その中でも「食べる政治」は圧倒的に取材いただく回数が多いように思えます。
その理由は

(1)選挙期間だけではなく、常に継続的にやっている
(2)単なる告知じゃない

という2点だと思います。
基本的に、啓蒙サークルは、選挙の前になると「投票しよう!」とポスターやチラシ、街頭のパレードを行うところが多いのですが、「食べる政治」選挙関係なく継続している、そして、「食べ物付き雑誌」という商品が面白いと思ってもらえているようです。

ちなみに、このような活動をしていると、選挙前になると取材が増える現象を、界隈では「選挙バブル」と呼んでいます。

 

そして、表題に戻ると、今日は地方統一選の前半戦です。
誰に入れれば、そもそもどうすればいいのか分からない方は、このブログを一読いただくことをおすすめします。

otokitashun.com

さらに、少し目線を変えて、候補者側から見てみると、この動画とブログがおすすめです。
大学の先輩なのですが、本当に当落線上ギリギリなようで、なんというか、動画から漂う「本気感」がやばいです。

www.youtube.com

yamamoto-ryotaro.com

これは一見の価値有りです。

 

f:id:mojamoja_megane:20150406040911p:plain

増沢諒(ますざわ・りょう)

食べ物付き雑誌、「食べる政治」代表。

1988年生、長野市出身の26歳。早稲田大学卒業後、都内ITベンチャーでの勤務を経て、現在、東工大大学院修士課程。研究テーマは「ネットと政治」。2012年、ネット選挙解禁を目指す活動「One Voice Campaign」を企画。2013年、SNSで投票日を相互に呼びかけ合うWebサービス「FIRST STEP」を企画・開発し、同企画でマニフェスト大賞を受賞。2014年の東京都知事選挙では、家⼊かずま陣営のマニフェスト作成担当として、3万件のツイートから、120の政策を作成し、話題となった。

E-mail: masuzawa0509@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/mojamoja_megane

taberuseiji.com