増沢諒【政治は面白い!】

選挙ドットコム編集長/食べ物付き雑誌「食べる政治」代表。政治のわくわく感を伝えられたら嬉しいです。

「児童会」こそ「民主主義の学校」だ!

f:id:mojamoja_megane:20121022001135p:plain

中学・高校の社会の授業で

地方自治は民主主義の学校です」

という言葉を皆さん聞いたことがあると思います。

※おそらくほとんどの人が授業で聞いて以来数年ぶりにこのエントリーでこの言葉に出会ったことでしょう

 

この言葉、確かに国政は大きすぎる・遠すぎるため、身近な事柄について話されている地方議会が民主主義の学校と言われるのは分かります。

 

しかし本当に地方議会は民主主義の学校になりうるのでしょうか?

僕は逆に、地方議会よりも国政の方が知っていると思うのです。

 

例えば、橋下徹市長が調子に乗っている、小沢一郎が変な名前の政党を作ったということはみなさん知っていると思います。

TVをつけても、ネットを見ても、関連する情報が溢れています。

 

しかし、地元の議会はどうでしょうか?

おそらく、自分の街の「区議会議員」「市議会議員」の名前を3人以上挙げられる人はほぼいないと思います。

 

なんとも逆説的で面白い話ですが、距離の近い・直接生活に関わる事柄が話されている地方議会の方が僕らは無知なのです。

これは、情報の提供量と情報への接点が圧倒的に不足していることにあります。

 

地方議会への関心の薄さ・抱える問題点については別のエントリーにてまとめたいと思います。

そもそも、国会と地方議会の違いもなかなか分かりにくい点です。

 ざっくり大きな違いを説明すると、

  ●国 会 :一元制

  ●地方議会:二元制  です。

国会は「権力が1つ」地方議会は「権力が2つ」ある。

 

国政では、決定権は「国会」のみにあります。

首相がある程度権力が強いのですが、最終的な決定は「国会全員」で決める。

そのため、最終的な意見は1つに集約されるため、「国会内で、野党vs与党で戦い意見をまとめる」のです。

これに対して地方では決定権は「首長」と「議会」にあります。

そのため、「首長vs議会」となる。国政に例えると、首長が野党で議員が全員野党、みたいな感じです。

 

議員は、首長へ反対意見をすぐに述べられる立場であり、人数も多いため、

多くの市民の声を聞き、吸い上げ、市政に反映させられる。

市民も比較的容易に政治へ意見を反映させらる。

これを持って「地方自治は民主主義の学校」と言われているのだと思います。

とくに、日本の地方議会は、任期の途中であっても、議員・首長をリコールできる、世界的に見ても珍しい仕組みがあることも、政治参画しやすい設計だと思います。

  

とは言え、地方議会に親しみのある人なんてほぼいないと思います。

いくら「選挙に行こう」だの「市政の抱える問題点はこうだ」と言われても、ピンと来ないと思います。

最近はタウンミーティングや模擬投票など、面白いしかけも増えていますが、なかなか難しい。


■児童会こそ民主主義の学校

f:id:mojamoja_megane:20121022001107p:plain

そこで僕は「児童会」こそ、素晴らしい民主主義の学校だと思うのです。

まず、「児童会長は6年生からしか出せない」

これは、選挙権と被選挙権の制度そのものです。

「クラスの代表者を選ぶ」ことは、地方議会で言えば、自分の住む地域の代表を選ぶことです。

※多くの地方議会では、県議を決める際に「◯◯市は◯人」のように細かい地域ごとに定数が割り振られています

 

「クラス訪問演説」は議員の辻立ち、全校集会では、全児童へ向けた演説もあり、さらには「その人を推薦する児童による応援演説」なんて心温まる制度までもが付いています。

 

そして自分たちで直接投票し、児童会長が決まる。

その上で、児童会長が各委員会長を決める。

これは、総理大臣が各大臣を決めるのと同じですね。

 

そうして、新児童会が発足。

その後、投票した児童自身もどこかの委員会に所属することになります

有権者であり、自身も委員会に所属する。

これは国政よりもはるかに進んだ政治参画システムです。

 

小学校6年生、12歳のときはこのように「政治」に関わるのに、

その後中学・高校・大学、と時が経つにつれ、児童会的システムは薄れていきます。

中学はある程度機能していますが、高校は形だけの場合が多く、大学は…全共闘のなごりを引きずっていて完全に別物です。

そして20歳になったころには、「政治的なもの」から遠のいた状況で急に選挙に行けと言われても…行かない。

 

一度離れた状態で言われるよりも、まだ純粋な気持ちの12歳のうちに、政治・政治について親しみを持ったほうが、その後もずっと政治とうまく付き合えると思います

 

学校教育の規定で児童会がどのように決まっているか知りませんが、

もっと日本の小学校は児童会に熱を入れて欲しいです。

 

さらに言うのであれば、

「児童会長の選挙を、強制じゃなくて、任意にしたらどうなるのか」

を知りたいものです。

児童会長の選挙は、体育館に集められて、その場で投票した記憶がありますが、これはほぼ強制です。

そうではなく、1週間程度期間が決められていて、休み時間や放課後等の自由時間に投票する制度にしたら…

投票率は100%から30%程度に下がるのでしょうか。

どうなんだろう。